部屋と沈黙

本と生活の記録

おまけ

GW明けの休みぼけを引きずったまま過ごす休日。おまけのような日。

お昼ごはんは明太子のパスタ。シンプルなオイル系のパスタの場合、市販のパスタソースで済ませてしまうことも多いんだけど*1、せっかくバターがあるんだからと久しぶりに作ってみた。

f:id:roomandsilence:20210509224824j:plain:w400
明太子、バター、オリーブオイル、塩、胡椒。
f:id:roomandsilence:20210509224846j:plain:w400
大葉がなかったので、海苔。

やっぱり市販のパスタソースとは全然違うな!濃厚!贅沢!美味しい!……が、重い!30代後半女性にとっては非常に重い!バターが多すぎる!以前、同じレシピで作ったときは、そんなこと思わなかったのに……。月日の流れを感じる。

f:id:roomandsilence:20210509224909j:plain:w400

おやつどきにはフランスパンを使ったおやつを作る。

f:id:roomandsilence:20210509224936j:plain:w400

どうしても、ねこのTシャツが映り込んでしまう……。作ったおやつは、後日ブログで紹介します。もっと可愛い格好すればよかった。


おまけのおまけ

f:id:roomandsilence:20210509224955j:plain:w400
f:id:roomandsilence:20210509225003j:plain:w400
f:id:roomandsilence:20210509225009j:plain:w400
こちらは混ぜる前。混ぜながら飲む。

アヲハタの白桃&グァバのソーダがむちゃくちゃ美味しい。ジャムと氷を入れたコップに炭酸水を注いで混ぜるだけなのに、きちんとデザートになる。ワゴンセールでよりどり2個398円くらいだった気がするけど、2個ともこれにしておけばよかった……。

*1:結構、美味しいものが多い。

コロナ禍におけるライブ開催および参加の是非について私が考えたこと

5/1、申し込んでおいたチケットの発券開始を知らせるメールが届いていたものの、緊急事態宣言の対象地域が拡大のうえ延長されたことで、私はきっと5月末のライブへは行くことができない。

このたびの緊急事態宣言では、イベント開催の制限が緩和されたと聞く。このまま開催されるとなれば、私は県境を越え、緊急事態宣言下の地域へ出向くことになる。県のホームページには、赤地に白抜きで「緊急事態宣言区域等への往来は、厳に自粛を!」と大きく注意書きがなされている。

むろん“厳に自粛”したとしても、感染するときはするだろう。程度の差こそあれ、生きている限り、誰もが感染し得るからだ。それでも、生きていくためには生活を続けなければならない。

生活のために働く。都会であれば、満員電車に乗ることもやむを得ないだろう。来客対応に外回り。おなかがすけば食事をとる。新型コロナウイルスかどうかは関係なく、著しく体調を崩せば病院にも行くだろう。もしかしたら入院することになるかもしれない。入院するほどの体調であれば、マスクなんかしていられないことだってあるだろう*1。飲食店はもちろん、音楽や芸術を生業にしている人にとっては、それこそが生活だ。

生きていくためには、誰もが、感染のリスクとともに、生活を続けなければならない。

行く、あるいは、行かない。私がどちらを選んだとしても、結局は誰かが傷つくことになる。だから苦しい。もし私が行けば、“厳に自粛”している人々の期待を裏切ることになり、緊急事態宣言の効果を低下させることになるかもしれない。もし私が行かなければ、ライブに付随して利用するはずだったホテルや鉄道への消費は落ち込むことになるだろう*2。もしかしたら、県境を越える人々を暗に非難しているようにも見えるかもしれない。そんなつもりは微塵もないのに。

新型コロナウイルスが蔓延し始めたころ、甥っ子らが通っていた保育園に「医療従事者の子どもとは別室にしてほしい」との申し入れがあったという。この話を妹から聞いたときは、本当に、心の底から腹が立った。なぜ、甥っ子らが蔑ろにされなければならないのか。幼いころからの夢を叶えて、今も楽しそうに働いている妹が、なぜ、傷つけられなければならないのか。

「東京から来た人」は必ずしも「感染者」ではないし、「医療従事者の子ども」もまた必ずしも「感染者」ではない。私は絶対に「医療従事者の子どもとは別室にしてほしい」と言うような人間にだけはなるまい。感染が拡大している地域から来たというだけで忌避の目を向けるようなことはすまい。自分の頭で考えて、自分で決めよう。その決定で縛るのは自分自身だけにしよう。他者に強要すまい。そう思った。

年齢、性別、出生地や肌の色、性的指向。あらゆる“違い”から、できるだけフラットでいたい。自分ではどうしようもないことを理由に他者から何かを奪われれば、次第に自らの手でも奪うようになってしまう。他者から傷つけられる自分を、自分でも傷つけ始める。そんなかなしいことなんて、絶対に受け入れられない。命に関わる感染症で、こんなことを考えてしまう私は甘いのだろうか?

今朝、ネットニュースで“コロナとの戦い、前言撤回繰り返す首相 国民に響かぬ「軽い言葉」”という見出しを目にしたが、心に響く“強い言葉”など、本当に必要なのだろうか。もし、その“強い言葉”が間違っていたとしたら?この未曾有の事態では、誰もが間違いを起こす可能性がある。その間違いを誰かのせいにして、発言者を切って捨てればそれでいいのか。その言葉を選び、支持したのは、他ならぬ自分ではないのか。

“強い言葉”に抗えるのは、自分の頭で考えることができる人間だけだ。その準備ができているか。あらためて自問する。本当に必要なのはきっと心に響く“強い言葉”などではなく“対話”なんだろうと思う。だから私は書く。啓蒙も扇動もしたくない。ただ伝えたい。私はこういうふうに考えている。

行くか、行かないか。やるか、やらないか。私が悩んだように、バンド側も苦しい選択を迫られているのだろう。いわゆる“トロッコ問題”と同じだ。どちらを選んでも誰かが傷つく場合、どちらかを犠牲にしてもいいのか。

チケットは明日にでも発券しに行こう。開催されてもされなくても、私はバンド側の決定を尊重する。開催されたときは、今日の、この気持ちを忘れないために、冷蔵庫にはって取っておく*3

*1:私が4月に入院したときも、痛みによる嘔吐とそれに伴う高熱で、申し訳ないとは思いながらも、一時、マスクをしていられないことがあった。

*2:実際、私が予約を入れようとしていたビジネスホテルは、このコロナ禍による大幅な減収によって閉業していた。

*3:冷蔵庫は私にとって日常における一等地です。

支線の日々

7連休の最終日は朝から雨が降っていた。自宅に一人でいる甥っ子と一緒に留守番をしてほしいと頼まれ、実家へ向かう。おそらく、自分のことはほとんどできないだろう。「子どもの相手をする」というのは、そういうことである。

……と思っていたら、雨が上がって早々、甥っ子は煉獄さんの衣装に身を包み、友だちの家へ遊びに行ってしまった。子どもとはそういうものである。実家に犬と取り残され、一人留守番をする。寂しい。

仕方がないので、ブログのネタに困ったら使おうと今朝撮っておいた本日の鞄の中身を紹介します。

f:id:roomandsilence:20210505231145j:plain:w400

最近はあまり起動していない『あつまれ どうぶつの森』は、甥っ子と通信するために持参していた。……寂しい。大人って寂しい。久しぶりに起動してお店をのぞき、収納の整理をする。

f:id:roomandsilence:20210505231154j:plain:w600

ランドリールームっぽくコーディネートした部屋。“フレンド”がいないため*1色違いの家具が入手しづらく、次第にやらなくなってしまった。オレンジのアンプを手に入れたらバンアパのバンドセットを再現しよう!と思っていたのに、うちの島のアンプはホワイトだし……。個人的神ゲーどうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』みたいな、家づくりに特化したソフトが出ないかしら。

“POPEYE”は、去年発行された料理特集のバックナンバー。私が本屋さんで働いていたころから“付録ありき”の雑誌が増え*2、内容がどんどんつまらなくなっているという話をよく聞いたけれど、2012年にリニューアルした“POPEYE”は読みごたえがあっておもしろいと思う。月初めに本屋さんへ行き、おもしろそうであれば買う。ちなみに次の6月号も料理特集。楽しみにしている。

そんなに詳しいわけではないけれど、むかしの雑誌にはおもしろいものが多い気がする。『話の特集』とか、“Olive”とか。スティーブ・ジョブズがスピーチで引用*3したことでも有名な“Whole Earth Catalog/ホール・アース・カタログ”は、むかし働いていた本屋さんのイベントで実物を見た。結構な古書価がついてたよ……。

f:id:roomandsilence:20210505231222j:plain:w400
f:id:roomandsilence:20210505231229j:plain:w400
f:id:roomandsilence:20210505231235j:plain:w400
f:id:roomandsilence:20210505231238j:plain:w400
話の特集の特集』より。殺しの手帖はもちろん、暮しの手帖のパロディである。

実家にある電気式コーヒーメーカーの大業な感じが面倒なので*4、“Tetra Drip”を持参した。薄く、3つのパーツのかたちがすべて同じ、というところが良い。とはいえ、出先へ携帯するならドリップバッグのコーヒーで充分かも、とも思う。

f:id:roomandsilence:20210505231320j:plain:w400

根っからの飽き性ではあるが、本当に好きになると長い。NUMBER GIRLはその筆頭で、キツネ柄のポーチとお財布はもう10年近く使っている。ものを増やしたくないというよりは、好きじゃないものはいらない、好きなものがほしい、という感じ。だから、洋服や本や可愛いものはついたくさん買ってしまう。イヤホンを入れたねこのポーチは、3、4年前に100円ショップで買ったもの。

f:id:roomandsilence:20210505231326j:plain:w400

留守番のお駄賃は、カツサンドと実家感まる出しのタッパー入りカレー。姪っ子によると、レノファは「負けた」らしい。

やろうやろうと思っていたことの半分もできずに、今年のゴールデンウィークが終わろうとしている。書きかけの文章は依然として書きかけのまま、むしろ脱線した部分が1,000字以上にふくらんで先行きが見えなくなり、この日記を書くことでお茶を濁している。

とりとめのないことを日がな一日考え続け、自分を相手におしゃべりする。きっと寂しい人間に見えるだろう。でも、見た目ほど寂しくはないし、もともと人間なんて寂しいものだ。

いろいろあっても、なんにもなくても、あしたからまた一日が始まる。それって結構すごいことなのかもしれない。

*1:寂しい

*2:とくに女性誌

*3:Stay hungry. Stay foolish.

*4:洗いものとか……