部屋と沈黙

本と生活の記録

カバンの中身【一人で行く夏の野外音楽フェス編】

〈フェスデータ〉
WILD BUNCH FEST.2017
2017.8.19.sat - 20.sun
8/20のみの参加。いわゆる「海フェス」。会場までは自家用車で移動し、渋滞に巻き込まれつつ11時に到着。快晴、最高気温30.5℃。翌日仕事のため、19時過ぎには会場を出る。渋滞なし。感想は後日。

カバンはイオン内の女子中学生向けテナントにて購入。1,000円。周囲の人の邪魔にならないようコンパクトなショルダーバッグを選んだ。チープなカバンにありがちな、よく分からないラベルが付いている。

・ 水(500mlペットボトル x 2本)
2本とも凍らせ、1本はカバン、1本はペットボトルホルダーへ。カバーをつければ炎天下でも意外と溶けない。というより、汗をかくスピードに追いつかない。
・ 塩分チャージタブレッツ、扇子
熱中症対策に。風があるのとないのとでは体感温度が全然違う。コンパクトに折りたためる扇子は、小さなカバンにも収まりやすい。
・ 氷砂糖、ソイジョイクリスピー(プレーン)
エネルギー補給用。氷砂糖なら炎天下でも溶けず、後味も良い。
・ ポケットティッシュ、汗拭きシート、日やけ止め
セームタオル
凍らせたペットボトルに巻いて吸水・保冷。汗拭きシートの代わりにもなる(冷んやり)。普通のタオルと比べ薄いのも良い。ちなみに、タオル系はこれと手ぬぐいのみ。手ぬぐいなら乾きやすいし、首に巻くため荷物にならない。
・ レジャーマット
・ 財布
小銭と1000円札を多めに用意。食事や予備の飲み物など、かさばって持ち歩けないものは金で解決する。
・ 健康保険証、アレルギーカード
万が一のため。
・ 鏡、ハサミ
個人的に外出先で「持ってたらよかった…」と思うもの2選。
スマートフォン
当たり前だけど、カメラの代わりにも使える。


〈使わなかったもの〉
・ ポケットティッシュ
汗拭きシートで代用可。
・ レジャーマット
芝生に座るのであれば不要。
・ 健康保険証、アレルギーカード
元気に過ごせたため使用せず。とはいえ必須。
・ 鏡
スマートフォンのインカメラで代用できるかも。
・ ハサミ
使用せず。ただ、代えがききにくいものなので、一応持っていたい。


〈持って行けばよかったもの〉
・ 塩昆布
塩分チャージタブレッツを塩昆布にしても良かったかな。帰宅後、日やけしたところを冷やしながら塩昆布をつまみ、温かい麦茶を飲んでいたときに思った。普段は塩昆布だけをつまむなんてないから、余程のことだったんだろう。

今週のお題「カバンの中身」

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展

三菱地所アルティアムで開催されている『シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展』へ行ってきたよ。絵本作家というより、グラフィックデザイナーとしての作品を集めた展覧会になるんだろうと期待してたんだけど、展示内容は極めてシンプル、かなり小ぢんまりとしたものだった。ゆっくり見てまわっても20分そこそこ。とはいえ、未発表絵本『くまくんが死んだ』の公開は貴重だ。ブルーナの死後、関係者に贈られたもので、今のところ市販の予定はないという。

ミュージアムショップでは、Tシャツ、ピンズ、クッキー缶、ポストカードを購入。他にもコーヒータンブラーやらマグカップやらの展覧会限定グッズがあったものの、全体的にもっさりしたデザインなのよね……。このあいだのミッフィー展で、コズフィッシュの祖父江慎が関わった〈C x E〉のグッズは、ほんとに可愛かったなぁ。

数年前に買った〈READ more BOOKS〉の缶バッジと一緒に。もっと本を読もう。

大人だった

髪の毛を切りに行って、仕上がりにひと言「なんか大人っぽくなった〜♪」と言った瞬間、自分がもういい大人だったことを思い出し、「まぁ大人なんだけど!あっはっは〜」とセルフで突っ込めるようになったことがまた、大人っつーか、おばさんに近付いていると感じる。

大人っぽいんじゃなくて、大人だった!

またいつか、大人のくせに大人っぽくなっていたら、「なんか、シュッとした〜!」って言おう。全国の大人の皆さんも、是非使ってみてください。