部屋と沈黙

本と生活の記録

生活

見知らぬ人よ/週報 2/3〜2/9

2/3(月) 節分。すっかり忘れていたので豆は無し。鬼も福もある人生。18時になっても空が明るい。 2/4(火) 今日は野菜を茹でる日とす。 2/5(水)食用豚をペットとして飼うことになったカップルのポストと、豚肉レシピのポストが並ぶ。その落差に目眩がし…

世界との結び目/週報 1/27〜2/2

1/27(月) 「世界に一つだけの花」とはいうものの、私は、自分自身のオリジナリティに関して、ほとんど期待していない。たしかに、肉体としてはオンリーワンだとしても、私の考えそうなことは、既に他の誰かが考えていそうなことだからだ。 0から1を生み出…

タイムラインは走馬燈/週報 1/20〜1/26

1/20(月) 失恋するための恋がない。 「失恋しちゃうかも……」という、助言のふりをした星占いの呪いの言葉に、そもそも失う恋がないから無敵だと勝ったつもりになっていたけれど、全然負けている。もしかしたら、失恋したくないから恋をしない、失うのがこ…

三倉クラウド/週報 1/13〜1/19

1/13(月) 成人の日なので、二十歳の頃につけていた日記を読み返してみる。当時は大学の2〜3回生。なんかもう小っ恥ずかしくて斜め読みしかできない。 ・ 知りたい。脳が図書館だったらいいのに。 ・ エイプリルフールなのに一日中家にいて、嘘をつく相手も…

幸せの永久機関/週報 12/30〜1/5

12/30(月) the band apart“ディア・ワンダラー”のMVが公開された。川崎さんが笑ってる。笑うかどうか分かんない微妙な時期の赤ちゃん並みだと思ってた川崎さんが、人並みに笑ってる。リラックスした雰囲気がすごくいい。木暮さんがカメラ目線でこちらを指…

ブログ福袋2019

年末の挨拶をする前に年を越してしまった。あけましておめでとうございます。毎年の恒例になりつつあるブログ福袋だけど、このたびは目ぼしいメモがほとんど残っていない。 70代くらいのおばあちゃん タピオカミルクティー 田舎のショッピングモールにもタピ…

週報 12/23〜12/29

12/23(月) ワインのコルクの次はピクルスの蓋かよ……。開かない、ピクルスの瓶の蓋が開かない! まずはゴムを試し、次に熱湯を試したものの、まあびくともしねえ。あとはGoogle先生に聞くしかないとお伺いを立てると、マイナスドライバーで開ける方法がある…

週報 12/16〜12/22

12/16(月) カッコつけるべきときにきちんとカッコつけられるのはカッコいい。なんで「カッコつける」のが「ダサい」ことになってんのか分からん。 12/17(火) “あとは寝るだけの時間”で、「ライブでノれない、恥ずかしい」という話題から、又吉さんがNUMB…

週報 12/9〜12/15

12/9(月) 4曲中3曲がMV化されたthe band apartの“pool e.p.”。せっかくなので、残りの1曲『ディア・ワンダラー』のMVを妄想してみた。曲中の電車っぽいビートと個人的な嗜好をもとに構成したため、夜の帳は下りてない。 12/10(火) できることなら理由に…

週報 12/2〜12/8

12/2(月) いい加減、旅行前に最適な汎用性のある持ちものリストを作らなければ。まともなリストさえあれば、どんなに疲れていようと半分寝ながら荷造りできる。 以前リスト化に挑戦したときは「これで本当に充分なんだろうか」という不安感から、末尾に「…

週報 11/25〜12/1

11/25(月) 朝から目眩がする。そのせいで吐き気もするが、お腹は空いているような気がする。今朝は紅茶にした。乾燥レモンとティーバッグがセットになった光浦醸造のフロートレモンティー。乾燥レモンでも、しばらく浸せばきちんとレモンティーになる。無…

週報 11/18〜11/24

11/18(月) また「別に」をやっている。違法薬物の件は置いといて、何かあるたび「別に」を蒸し返される彼女が可哀想だ。 「過去」はアーカイブされる。それらは「今」と遜色ないくらいに鮮明だ。もしかしたら、もう「過去」そのもののかたちが変わってしま…

週報 11/11〜11/17

11/11(月) お香の燃えかすがここまで持ち堪えるのってすごくない? 11/12(火) 「色気」は「底知れなさ」にある。もの言う女と、もの言わぬ女がいたとして、色気があるのは後者だろう。両者の「底」が同じくらいの位置にあったとして、もの言う女の「底」…

週報 11/4〜11/10

11/4(月) 三連休最終日。ライブの感想をまとめながら、「認識と実感」について考える。「知っていると思っていても、分かってはいないこと」。認識と実感には大きな隔たりがある。 手の届く限りの認識を、実感に変えていきたい。知らないことを知ること、…

週報 10/28〜11/3

10/28(月) 次男に旅行をプレゼントされたが長男は気が利かない、お小遣いをくれるかと期待していたら、なんの悪気もなくぼんやりしている、という話をジムでよく会うおばちゃんから聞かされ、長女である私には耳の痛い話だった。思い当たる節がありすぎる…

週報 10/14〜10/27

10/14(月) 台風でこんなにも死者が出るとは思わなかった。 10/15(火) 静電気の季節になってきた。特に車の乗り降りがつらい。気休めに、本を束ねるための黄色いゴムバンド(青いインクで“LATITUDE”と印字されている)を手首に引っかけてみたら、思いのほ…

週報 10/7〜10/13

10/7(月) iPadが届いた。iPhoneとの連携のしやすさに感動。これまではiPhoneのバックアップ程度にしか考えていなかったiCloudが超便利機能であることを実感する。 10/8(火) 仕事帰りに『ジョーカー』を観る。シンプルなストーリーながら、「信頼できない…

週報 10/1〜10/6

10/1(火) せっかく午後休を取ったのに、予定を1日間違えていた。仕方がないのでボーリング場にいる母のところへ行き、母のボーリング仲間のおばちゃんたちとコーヒーを飲んだ。まぬけだ。古本屋さんで武田泰淳の『富士』の単行本を100円で買えたのが唯一の…

香月泰男のシベリア・シリーズ

先週の日曜日、山口県立美術館で、香月泰男のシベリア・シリーズを観てきた。シリーズ全57点が一度に公開されるのは8年ぶりなのだそう。早い時間だったからか混雑はなく、年齢層は高め。作品と一緒に、香月の言葉を引用した小さなパネルも展示されている。香…

「ままならない」のなかに

今更ながら、手を動かして何かを作るのが好きかもしれない。お正月、必要に迫られてぽち袋を作ったとき、ひたすら作り続けられそうな気分だった。大学で建築模型を作成していたときは、趣味にしてもいいと思った。さかのぼれば、コミック雑誌のふろくを組み…

私が思うほど

気持ちが落ち込んだときに意識して取り組むこと。 作り慣れた料理をゆっくり作って食べること。 温かいスープを飲むこと。 食欲がなくても食べること。 近くもなく遠くもない友人が不本意なかたちで亡くなり、しばらくは喉がつかえるような感じと、動悸が続…

日々の連なり

平成と令和をまたぐ夢の10連休が終わり、日常が始まる。日常なんて、特筆すべきことのない日々の連なりなのかもしれない。ある日の仕事始め。自分がどんな案件を持っていたか、すっかり忘れている。 晩ごはんにマクドナルドのダブルチーズバーガーセット。お…

2、1。

ゴールデンウィーク9日目は無為に過ぎ去った。こんな日もある。ゴールデンウィーク最終日。ひと通りの家事を済ませ、スマートフォンのメモアプリに記したゴールデンウィーク中のToDoリストを消化していく。今日は「冬物の洗濯」と「NHKラジオ『歓待する文学…

萩・長門方面の美術館巡り(温泉付き)

気になっていた『フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア』展が山口県立萩美術館・浦上記念館で開催されているというので、萩焼まつりと、ついでに長門市の香月泰男美術館にも行ってみようと思い立つ。5月3日(金)晴天。まずは、明木市(あきらぎいち)周…

4、3、

ゴールデンウィーク7日目。5時半頃に目が覚め、もう少し寝られると布団のなかで微睡んでいたら、本格的に二度寝してしまう。8時45分起床。萩・長門方面の美術館巡りのために、9時には自宅を出たかったのだが、結局は9時半過ぎに出発。行き先は以下のとおり。…

7、6、5、

ゴールデンウィーク4日目。午前中に家事を済ませ、きのう自分の本棚から“発掘”してきた金井美恵子の『愛の生活』を読む。時間軸が曖昧にスライドしていくせいか、妙な浮遊感を覚える。「生活の断片を書いて、生活を書いたつもりの人たち」という言葉に絶句。…

8、

ゴールデンウィーク3日目。8時に起きて、小雨のなかプラごみを出しに行く。10連休なのに回収してくれるなんて、ありがたいことだ。魚焼きグリルでパンを焼き、コーヒーを淹れ、録画していたドラマを観ながら食べる。そのあとシャワーを浴びて、お風呂そうじ…

10、9、

ゴールデンウィークが始まった。しがない勤め人にとって、10連休などまさにゴールデン。 とはいえ、大学生のころには夏休みが2か月くらいあったのに、そりゃもう無為に過ごした。今は幻。初日は午前中に家事を終わらせ、午後は美容院へ行く。おすすめされた…

山口アーツ&クラフツ 2019

先週末は毎年恒例の山口アーツ&クラフツへ行ってきた。振り返れば今年もうつわバカ一代。濱岡健太郎さんのカップには、サナトリウム的な雰囲気があると思う。隙のない精緻さとフェティッシュな白も相まって、人を拒むかのような印象なのに、不思議と手に馴染…

男性ドライバーの皆様へ質問です

やっぱり、車の運転って荒っぽいですか? #投票で教えてね とても荒っぽい 少し荒っぽい どちらでもない 丁寧です! トヨタの公式ツイッターで行われた女性ドライバーへのアンケートが一部炎上したという。 女性ドライバーの皆様へ質問です。 やっぱり、車の…