部屋と沈黙

本と生活の記録

生活

書くことについて書くこと

書くことについて書こうとすると、どうしても感傷的になってしまう。 私は忘れてしまうことを恐れている。 記憶こそがわれわれの生を作っていることに気づくには、ごくわずかでも記憶を失いはじめる必要がある。記憶のない生は、まったく生とはいえない。そ…

山あいの音楽フェス〈暮らしと音楽〉感想

2017.10.28 sat. 鳳鳴地域交流センター美祢の山あいにある廃校で開かれた音楽フェス〈暮らしと音楽〉へ行ってきた。ペトロールズの『Renaissance』をBGMに車を走らせる。雨。立ち込める霧を抜けて山を越える。古い木造平屋建ての校舎には暮らしのお店と教室…

考えない

コーヒーを自分でドリップするようになって数年、今さらながら、深煎りよりも中煎り〜浅煎りあたりが好きなことに気がついた。元々酸っぱいものが苦手で、コーヒーの酸味、すなわち浅煎り、中煎りのコーヒー豆をなんとなく避けてきたのだが、「古くなったコ…

アナログクオーツと熊と雨

雨のなか、ペトロールズのライブへ行って、帰ってくる。感想は後日!このあいだのフリーマーケットではSEIKOの腕時計と熊のピンズを買う。時計本体と比べ、ベルト同士を留める金具のキズが少なく、新しい。おそらくきちんと手入れがなされ、長く使われ続けて…

教育なんてものは

むかし、全然知らない人が全然知らない人のために買ってきたお弁当をもらったことがある。「ひとつ食べる?」と、職場の先輩から差し出されたのは、包装紙に包まれた二折の紙箱だった。「どうしたんですか、これ」 「事務所の隣に来た人が、食べきれないから…

カレンダー

セリアで来年のカレンダーを買う。正方形のシンプルな壁掛けカレンダー。今も使っている同じシリーズのものをリピート購入した(2018年は休日がグリーンで印字されたものもある)。冷蔵庫の側面に掛けて使用。書きやすく、水性ペンのインクもにじまない。 ス…

陶器市と猫

寄り道したイオンで陶器市が開催されており、予定外の出費。木製の汁椀と益子焼のカップ&ソーサー、信楽焼のプレートを色違いで2枚購入した。とはいえ、ほとんどが2割引から半額の品だから、全部で4000円いかないくらい。満足して帰る。録画していたNHK Eテ…

大人だった

髪の毛を切りに行って、仕上がりにひと言「なんか大人っぽくなった〜♪」と言った瞬間、自分がもういい大人だったことを思い出し、「まぁ大人なんだけど!あっはっは〜」とセルフで突っ込めるようになったことがまた、大人っつーか、おばさんに近付いていると…

MUNIEQ Tetra Drip 01P レビュー

ミュニークのテトラドリップを使ってみたよ。カード状のパーツ3枚で構成された組立式のドリッパーで、ポリプロピレン製のパーツをやや湾曲させながら組み合わせていく。フィルターは円錐形に対応。カップにセットしたところ。カリタやハリオのドリッパーと違…

好きになっていく

ゴールデンウィーク最終日の日記を書く前にゴールデンウィークが終わってしまった。日常。たとえば「毎日が夏休みだったらなぁ」なんて話をすると、たいていは「そんなの数週間もしたら飽きてくるよ」みたいなことを言われるんだけど、飽きる?飽きないよね…

コーヒーとスコーン

ゴールデンウィーク4日目。今日はスコーンを焼き、ケメックスでコーヒーを淹れた。もう普段の土日と変わらないので、テンションがやや下がっている。我が家の洒落た死蔵品ケメックス。私が持っているのは3杯用なんだけど、これで1杯分を淹れるのはなかなか難…

木の曜日

ゴールデンウィーク2日目は木曜日、みどりの日。毎週木曜日は「木の曜日」として、ベランダの多肉植物を気にすることにしている。多肉植物を育てるきっかけになった熊童子(くまどうじ)。5センチほどの小さな苗が、ほぼ1年でこのくらい。 ↑ 購入時。画質が…

ビールとピザと『カルテット』

ゴールデンウィーク初日は、昼間っからビールとピザと『カルテット』。スーパーの冷蔵ピザ(348円)に、輪切りのミニトマトをのせて焼く。冷蔵庫にお弁当用のが残ってたから思いつきでやってみたんだけど、我ながら良い思いつき。旬のトマトは甘い。ビールは…

本質的に寂しい

車を洗いに実家へ。長靴を履いてカッパを羽織り、脚立の上から水をじゃあじゃあ流す。車の運転はもちろんだけど、洗車も結構好き。そういえば最近カーステの調子が悪いんだった。不意に途切れ「再生できないCDです」って、付き合ってると思ってたのにそうじ…

山口アーツ&クラフツ

陸上競技場がある公園の一画にテントの群れが見える。先週の土曜日はパスタ皿とうどん碗を求めて、山口アーツ&クラフツへ行ってきた。出がけの雷雨が嘘のように晴れて、暑い。持っていた手ぬぐいを首に巻いてみる。まずは総合案内所でパンフレット(400円)…

「ていねいな暮らし」と自己愛、その他

知らないあいだにシャーリイ・ジャクスンの『くじ』が文庫化されて、村上春樹の新作が発売されようとしている。『騎士団長殺し』なんていうタイトルからして、冒険小説なんかな。この際、未読の『女のいない男たち』とか『多崎つくる』を読んでみようか。そ…

本日のDIY「紙コップスピーカー」

これであなたもミニマリスト! 紙コップの底より1センチ程度上あたりに、お手持ちのスマートフォンが入るか入らないかくらいの差し込み口をあけます。そこへスマートフォンのスピーカー部分をぐっと差し込んだら完成! メリットとしては、気持ち、音に広がり…

3ヶ月

先月末で試用期間が終わり、本採用となる。そのあいだに携帯電話をiPhoneに替えて、少しずつsiriと仲良くなっている――ような気がする。大抵は朦朧としながら「5分後に起こして……」とお願いする程度なのだが、このあいだ初めて、アラームをセットする以外に「…

1ヶ月

新しい職場に勤務し始めてから1ヶ月。仕事には少しずつ慣れてきた。所員7名の小さな事務所だけど、適度な距離感があって人間関係も悪くない。ひと月前に注文していた車も先日納車されたから、暑いなかの自転車通勤もなくなる。あとはスマートフォンを買って…

厄年様様

「散々」な大厄と、12年に一度の「幸運期」が一緒くたにやってくるらしい私の2016年は、どうやら本当に一筋縄ではいかない。ついこのあいだ、ようやく正社員として働けるくちを見つけたことがひとつ。こちらに戻ってからの2年半は、ずっと非正規で働いてきた…

シェア欲

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌、宇多田ヒカルの『花束を君に』を聴いていると、「普段からメイクしない君が薄化粧した朝」の「薄」が「ブス」に空耳する。「普段からメイクしない君がブスでしょうがない朝」だ。たしかに、自分比でも朝がいちば…

チェスターコートの選び方

チェスターコートを選ぶうえで、いちばん大切なのは肩だと思う。胴まわりがもったりしたごくシンプルな筒状のコートだから、肩がオーバーサイズだと本当にもったりして見える。「背が高くないと似合わない」なんて言うけど、実際は身長やら着丈うんぬんより…

「ダーリンッ♪」

男の子のスマートフォンから「ダーリンッ♪」の呼び出し音。彼は端末の表面を素早く撫で、テーブルへと戻す。それから数分とたたないうちに、また「ダーリンッ♪」「ダーリンッ♪」。 若者のラブ・パワーはすごいな(照れくさくないのか?)と思っていたら、母…

かわいい〈かんくん〉

遊びに来た2歳になる甥っ子が、いつのまにか自分のことを〈かんくん〉と呼んでいる。断わっておくが、彼の名前のなかには〈か〉も〈ん〉も(ついでに〈く〉も)ない。むろん、苗字も含めて。なぜだ……。でも、生半可でなくかわいい。 「ぼーる!ころころー!…

私は旅にむかない

このあいだ、ミッフィー展へ行った帰りにキャナルシティにも寄ってみたんだけど、あまりの広さに混乱して、吸い寄せられるように無印へ入ってしまった。知っているところだと安心する……私は旅にむいてないな。 Found MUJI SWEDENの特設コーナーで紹介されて…

今年こそは

1.週に1回、更新する あるゲームにどハマりし、サブブログを開設したせいで、こちらがおろそかになってしまった反省としての目標。サブはサブできちんと完結させたい。 2.映画を50本見る 月4本の宅配レンタルを契約しているから、これは難なく達成できそう。…

インする

手のひらの文学青年「山本くん」をガチャる。山ほど本を読むから「ヤマホン」くんなんだそうだ。フィギュア付きのブックマークで(文庫本にぴったり)、ひとつ二百円全五種。私のは、傘をさした〈鍵穴の風景〉だった。ねらってたのは寝っころがってる〈月の…

蘇える半分

文春文庫〈秋の100冊フェア〉のイメージキャラクターが星野源だというので、『ダンジョン飯』の2巻を買いに行くついでに本屋で見物してきた。文庫化した『働く男』の帯に「働きすぎのあなたへ。働かなさすぎのあなたへ。」とあって、私はどちらの「あなた」…

長い昼寝

フライヤーと、繭のかたちをしたパンフレット土曜日、マームとジプシーの舞台『cocoon』を観に、山口情報芸術センターへ行く。今日マチ子の原作を藤田貴大が舞台化したもので、初演は2013年8月、東京芸術劇場シアターイースト。原作は読んでいない。記憶の明…

むきだしの問い

「ピースの又吉直樹さん、史上初の快挙です!」アナウンサーのはずんだ声で又吉の受賞を知る。最近の芥川賞といえば、読んでもなんやようわからんかったり、横書きだったり、言い回しが独特だったりして、癖のある作品が多い気がしていたから、わりとまっと…