読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋と沈黙

本と生活の記録

火曜日 曇り/雨

口にしようのない苦しみ、力を奪う絶望、悪魔的に激しい憤怒、頭につねに浮かび徐々に――あたかも誰かの死を悼むかのような――一種の喪へと変わっていく悲しみの雲。

ポール・オースター『闇の中の男』より

喪失に形があるのなら、きっとこんなだろう。自分の存在価値を彼に預けきっていたせいで、彼がいなくなることは一度死ぬことと同じだった。付き合って三年が過ぎていた。

彼を心配して苦しみ、次第に腹が立った。そうして、それが「自分の心配」でもあると気付いたとき、私は自分の醜さを静かに罵り続けることしかできなかった。



..................................................................................................................................................................