読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋と沈黙

本と生活の記録

かわいい〈かんくん〉

遊びに来た2歳になる甥っ子が、いつのまにか自分のことを〈かんくん〉と呼んでいる。断わっておくが、彼の名前のなかには〈か〉も〈ん〉も(ついでに〈く〉も)ない。むろん、苗字も含めて。なぜだ……。でも、生半可でなくかわいい。
「ぼーる!ころころー!」とジェスチャーつきで、ボウリング遊びをしたことを教えてくれる。座っていた椅子からわざわざおりて、だ!「上手にできたんやね」「うん!」である!